美容のためには努力が必要なお年頃になりました

若い時はちょっとぐらい、食べ過ぎて、体重が増えても、何もしないで、2,3日で体重が元に戻りましたが、子持ち主婦となった今は、一日食べ過ぎて増えた体重を元に戻すのに、1ヶ月近くも努力しないといけないという状況になっています。

なので、普段から、太らないように、美容のために、夜8時以降は何も食べないということをしています。

どんなにおなかが空いても、日本茶や水、炭酸水などの水分だけを取るようにしています。

それから、朝食は、手作りグリーンスムージーで、ミネラルや、食物繊維を摂取して、美肌に栄養を送ります。

昼食は、普通に好きなものを普通量食べますが、ただ、1時間近くかけて、ゆっくりと食べるようにしています。

噛む事で、カロリー消費するためです。

夕飯時は、炭水化物を抜き、昼食の半分くらいの量に抑えます。

しかし、いくら美容に気をつけていても、友人関係は大切です。

友人と飲みに行ったりした日は、次の日の家事を一切放棄して、朝から、運動、半身浴などを繰り返し、体重が増えないように、デトックスするようにしています。

 

若く見られる美容法

私は元々が童顔というのもあるのかもしれませんが、常に10歳くらい若く見られることが多いです。

昔から、年齢にあった洋服や髪型やメイクをするということはなく、自分が好んだ系統のルックスでいたいという気持ちが強く、それが若く見られる美容法の一つだと思っています。

おばさんが若づくりしたような恰好はおかしいですが、そうではなく違和感のない程度に好みのスタイルをキープするようにしています。

下品にならず、見た目と服装やヘアメイクのギャップが少ないようにという、それなりのセンスが必要だと思います。

自分の好みのスタイルにして、その姿を見て「よし!」と思えるというのが、内面的な美容法としてとても効果が高いと思います。

それだけではなく、基礎化粧品をシンプルにして、プチ肌断食をすることによって、肌への負担を減らし、自然なターンオーバーを促すことによって、健康的でくすみのない肌になりました。

なるべくすっぴんで過ごすというのも、私にとっては大切な美容法です。

 

食べるもので美容効果

美容のために気をつけていることは、食生活です。

私は、甘いものが大好きなので、気をつけないといくらでも食べてしまいます。

でも私の場合、それはダイレクトに肌と体型にあらわれるのです。

吹き出物が出て、お腹がぽっこりになってしまいます。

なので甘いものは極力食べないようにして、毎日納豆を食べています。

納豆に含まれているイソフラボンは、美容効果に欠かせません。

もう何ヶ月も続けているので、お肌の調子が良いですし、髪にツヤが出てきました。

納豆は、買いだめして、たくさん冷凍庫に保存してあります。

それを冷蔵庫に入れて自然解凍し、翌日に自然解凍できた納豆を食べます。

この方法を始めてから、納豆を買い忘れて食べ逃すこともなくなったし、「解凍しているので、食べないと!」というもったいない感があって欲しくないときでも食べれます。

それから、野菜もスープにして摂取するようにしています。

たくさん量が取れるように、ミキサーにかけ、ポタージュ風で。

野菜もたくさん摂取するようになって、体がスッキリしてきました。

コメントは受け付けていません。